本気で取り組む

あなたの笑顔を素敵に輝かせるオーラルケア > ニュース > 本気で取り組む

本気で取り組む

2014年11月 8日(土曜日) テーマ:ニュース

ようやく開始する時という場面では何よりも下調べをサボってはいけません。

 

トレードを始める前であるとすれば、その物を客観的に観察する事ができる余裕があります。

 

ところが、いったんマーケットの内側へ踏み込んでしまうと、見解が自己中心的になりがちで、時々ちゃんとした考え方が出来なくなる。

 

恐れが生じる。

http://kimonosanka.jp/

その分自分のメンタルが落ち着いている時に、適切に準備をしておくことが大切なのだ。

 

その"準備"のためにはまずは自分なりのストーリー展開を記す事から開始します。

 

今後のあの通貨はこうだから、米ドルをエントリーするといった、自分で考えたシナリオを立てていくのだ。

 

次にローソク足チャートをチェックしよう。

 

これまでの為替相場の上がり下がりチェックして今の相場を調べます。

 

そうすると、「今日はだいぶ安すぎる場面にある」とか、それとも「とっくに大方の人々が買い(あるいは売り)に動いているからこの先自分かエントリーしても遅すぎるな」ということが理解できます。

 

もちろんエントリーするのが手遅れだなと思ったら何もせず、この場面ではすっぱりと割り切ることが大事です。

 

どう試みてもシナリオを妥協しないで、諦めずに取引すると、マーケットに押し返されて、そればかりか損することになるリスクがあります。

 

とは言ってもたいがいの場合、準備が整った自身のストーリー展開を作り上げておけば仕かけるのが間に合わないなという場面にはなることはありません。

 

大方、実際に相場が変化する前のはずだからです。

 

その次は、差し当たりあなた自身が売り買いしようとしている通貨ペアの上下動を、正確に確かめる事が大切です。

 

もしも、円安になるはずだというシナリオを記したのであればその通貨の上下動に注意を払っておきます。

 

市場の上げ下げを注目し始めたときでは、ドル円は明確に変動する気配を見せず、上がったり下がったりちょっとした変化をしているだけでしょう。

 

ところが、その変動をじっくりと注目しているとある場面で確実に円安へと変動し始めます。

 

このチャンスでようやく、ドルの取引します。

 

普通、緻密に準備を進めておけば、その注文で勝てる率は割合大きくなります。

 



関連記事

本気で取り組む

本気で取り組む

2014年11月 8日(土曜日)

借金の調査

借金の調査

2014年7月21日(月曜日)