アコースティックギター

あなたの笑顔を素敵に輝かせるオーラルケア > 趣味 > アコースティックギター

アコースティックギター

2018年7月24日(火曜日) テーマ:趣味

「アコースティックギター」というと、どんなものを想像されるでしょうか。

おそらくエレキではなく、生の音の楽器なんだろうなーというくらいではないでしょうか。

古川忠義さんの【ギター講座3弾セット】で最初の方に登場しましたね。

アコースティックギターには2種類あります。

一つはフォークギター。もう一つはクラシックギター。

これらの総称が「アコースティックギター」なのですね。

フォークギターとクラシックギターの違いは、色々あります。

まず、見た目が違ってきます。

クラシックギターのほうがネックというか、フレットの部分(指で抑えるところ)の幅が広いのですね。

そして、弦の性質も違いましたね。

フォークギターは鉄製の弦です。

なのでサビたり、押さえるのに慣れるまで手が痛くなります。

ただ、金属の弦ということで、クリアで華々しい音色を奏でることができます。

逆にクラシックギターの場合は、弦がナイロンでできています。

鉄製よりも柔らかいので、指先が痛くなりにくいです。

が、先ほどお伝えしたようにネックの幅が広いので、コードを押さえるのは大変なことも多いです。

音色はフォークギターよりも少し柔らかい音になります。

一長一短ですが、古川忠義さんの30日でマスターするギターDVDはどちらで弾いていただいても全く構いません。